普通がいちばん難しい。

女バツイチこなし35歳の日記。

いちご大福

友達が和菓子屋でパートしているのだが、

今時の二十歳そこそこのカップルは割り勘が基本らしく

1つ200円ちょっとのいちご大福を男女ひとつずつ並んで会計してくるようだ。

それも結構な確率らしい。

レジが混んで列ができていると急いで

「そちらお会計ご一緒ですか?」と聞くと

堂々と「いえ別々で」って感じで口を揃えて行ってくるらしい。

こっちの身にもなって欲しいし、

うちらの時代じゃ、

まずあり得ないよねってご立腹だった。

私だったら払ってくれないならこっちが支払うよね。

そんな男を好きでいれないよね。

ホテル代とかも割り勘なのかね・・・?

と盛り上がった。

むしろ紐のがマシと思ってしまうのですが

今時の子のがかっこつけたり、見栄を張らず、

経済観念がしっかりしているのですかね。

 

 

 

 

スタミナ切れ

会社のイベント終了後に

アラフォーだが美人で酒好きの同僚が打ち上げにむかったらしく帰ろうとしていた私に

「社長がぽこちゃん(私)呼べ呼べ騒いでいる。

しつこくて大変申し訳ないけど来てくれませんか?」

と懇願するlineが来て居酒屋の場所が送られてきた。

 

社長とはあいさつ程度で話したことはほぼ皆無。

しかも社内では強面で有名。やくざとあだ名がついている(笑)

なぜエントリー(泣)

 

中途3年目の私、今の会社では飲み会も一次会で帰ることが鉄則にしている。

30歳過ぎてここ数年、華はもちろん盛り上げ役としても

そういった役回りを卒業していた。

そーゆーのは新卒とか20代の子が行くべきと認識している。

でも同僚が一人で困ってるのかなと迷ったが、でも

そんなに仲良くないし、お酒好きで付いていっただろうし・・・

lineみなかったことにしようかと思った矢先、

近くにいた同じ連絡をもらった上司に拉致られ

「サラリーマンとして誘われたら行かなきゃダメだろ。」

とかなんとか言いくるめられ、タクシーで一緒にむかう羽目となった。

 

行くと決まったら仕事の一環。20代の頃は一般の事務員より

えらい人たちの喜ばせ組の場数を踏んできた実績がある。

今日は久しぶりに社内接待と腹をくくった。私はまだあの頃のように

盛り上げれるのか、通用するのだろうかと、腕試しだと・・・。

 

現場につくと、見事に会社の幹部数名に囲まれ

酒好きの美人の同僚は困っていたようで申し訳ない顔された。

 盛り上げに突入開始。

まずは社長からセクハラを引き出そうとすることにした。

引き出したもん勝ちだ。

流石、社長、セクハラ発言は引き出してもお触りまではしてこなかった。

ぎりぎりのラインで会話を膨らませ、かわいい子ぶる。

いつも髪振り乱して仕事している真面目な社員の豹変に驚き喜んだ様子。

こんな人だったの?夜働いていた?

 まあ、はたからは見るに堪えない完全にBBAとJJIの地獄絵図だったでしょう。

 

お偉いさんたちいい具合になってきたところで帰ろうとしたら2次会へ

そして3次会へ連れて行こうとするもんだから

年齢的に完全にスタミナ切れ・・・。

社長の

「おいぽこ(私)次いくぞ!今日はお前は俺と近くのホテルに泊りだ!付き合え!」

というしつこさにイライラ酒も手伝い、何かが弾けた。

「ふざけんじゃねーよ!明日仕事なんだよ!帰るんだよ!」

って私叫んでた・・・。

せっかく盛り上げたのに最後の最後でぶち壊してしまった。

あの怖い幹部たち社長に、そんな口叩いたもんだから

幹部全員硬直しているのを一瞬見て逃げるように無視して帰宅。

 

朝起きて昨日のことを思い出して青醒めるものの

仕事が溜まっているので重い体を引きずって休日出勤。

土曜だし幹部は来てないと辺りを見回してほっとして仕事についた私のところへ

 

副社長がきて

「ぽこ様。昨日は弊社の社長が大変申し訳ありませんでした。

どうかセクハラで訴えたりしないでください。何卒穏便にね。」

言って頭を下げて消えて来った。

 

怒られるかと思って、ほっとした。

 

あのお忘れのようですが、私も弊社の社員ですよ!

 

こんな会社辞めたい・・・。こんな自分嫌。。。

と転職癖が疼くのでした。。。

 

ぴかぴかの一年生

今年も研修後新卒がうちの部署にも1人配属
というか投下されるようで・・・
あぁ、まともな若者が来てくれることを祈るばかり(笑)
昭和の女としてはそろそろ
平成の若者は理解できなくなってきてます。。。

昨年は新卒ちゃんは調べずになんでも聞いてくる子でして・・・

部長に飲み会の案内メールをするように指示されたとき

新卒「先輩、お疲れ様みたいな会を開くみたいでメールを打ちたいんですけどなんて書けばいいですか?」

昭和「え?飲み会、場所と日時書いて送れば?なんでもOKよ。うちの会社フランクだから。」

ちょっとイラついた感じで

新卒「仙台支店から応援できてもららうから、なんていうんですか?来てもらっているから
応援ありがとうの会を開くみたいなんですけどはじめて飲むんですけどそういうのなんていうんですか?」

昭和「え、歓迎会でも慰労会でも、なんでもいんじゃないの?」

新卒「そう!慰労会!それが知りたかったんです!」

聞きたいことだけ聞いて無視。


敬語とかまで堂々とよく聞けるよな。。
わたしゃドラえもんかよ。


心のなかで「ぐぐれ」と念じてるのが
ある時通じたのか

質問したあと
新卒「あっぐぐれよって感じですよね。調べまーす。」

とまた質問からの自問自答
自分の世界に戻っていった。
のがつい最近なのに~・・・

また同じようなのがこないことを心底願うばかりです。

元の旦那はそんなこと愚痴っていると
「俺は楽しみだよ~。」と
新卒を飲みに連れていき、
面倒見るの大好きなようですが
うちの会社はあんたみたいに大企業の本社管理部ではないですから
生まれたての社会出たての新卒配属されてきてますが
あんた新卒と呼んでるの支店で教育されてマナー覚えたあとの
入社、3年目じゃないですか。。。

好きなものを好きなだけ

忘年会からの正月
年明けて新年会
キューピッチで
暴飲暴食、
仕事も忙しく帰る頃には
24時てっぺん越え、
そっから
ご飯にチューハイ流し込んで
寝ていたら
みるみる体重増加気味で
胃腸が悲鳴をあげたのか
非常に胃が痛い。

夜中痛みに耐えきれず
出社前に会社の近くの
胃腸科へ行ったのが1月後半。


先生は70を越えるお爺ちゃんで
若いときは遊んだろなー
今も銀座のクラブにたまには行きそうな
紳士という言葉の似合う感じだった。


胃カメラ内視鏡して腸炎と診断。

なぜか体重を計られた。

3日絶食命令。
飲み物だけで
水もカフェインもNGで緑茶のみ、
暴飲暴食していた日々に反省し、
3日の絶食を乗り越える。

いやー会社で席朝して
間髪いれずお菓子を食べながら
珈琲を1日何杯も飲みながら仕事の日々。
絶食なんてできるのかな?
何よりも珈琲飲まないと
眠気に勝てるかななんて
心配はどこ吹く風。
胃腸の調子が悪いから意外と
平気に絶食クリア。


3日後に病院に行く。
病院で体重計られると
マイナス1.8キロだった。

先生からここから
一週間3食
おかゆお茶碗半分
味噌汁、煮物、焼き魚煮魚のみOK
肉、生野菜、乳製品、お菓子NG
飲み物お茶のみと言い渡される。

いつももりもり食べていた私が
粗食でお菓子も食べない、
すすめられても断るから
周りから心配される(笑)


翌週病院へいき、体重計にのると、
なぜかのプラス0.5キロ

紳士が強い口調で
先生「守らないで食べただろ。」

私「言われた通り、3食
ご飯半分よく噛んで食べたんですが、、」

先生「3食じゃない。朝晩2食だ。」

私「えっ?2食?」

先生「当たり前だろ、
絶食していたのに
いきなり3食も胃がびっくりして
治らないに決まってるでしょ。
今日から一週間2食にしろ。
やり直さないと絶食の意味がない。」

深いため息をつかれる。

私「えっー。。。
勘違いしてました。
また一週間ですか。。

再来週友達の結婚式なんですけど
そのときは食べれますか?!」

先生看護婦苦笑

先生「まあ、難しいが来週次第だな。」

私「わかりました。。。」

私は肩を落として帰る。

会社の差し入れのケーキや
出張土産を我慢して気合いで粗食で
乗り越える。
結婚式までには気合いで治したい。

なぜなら結婚する友達は
食べるの大好きな私の友達だけあって、
来てくれる人に喜んでもらえるように
一番料理に拘ったし、
デザートも今はやりの
ケーキバイキングを用意したから
男性陣はあんまり食べないだろうから
1人5つの計算で数を用意したけど
私たちグループには
好きなだけ食べてねと
事前に言ってくれているのだ。

だからそれまでにはと
頑張った私。



そして通院3回目体重を計られる。
マイナス2キロ
この辺で痩せていて食べれなくて
苦しいけど乙女はやっぱり
ちょっと嬉しくなる(笑)

先生「まだ荒れてるから。1日2食を
もう一週間続けて。」

私「えー!!来週の結婚式では?
少しも食べては駄目ですか。」

先生「食べたらまた胃が痛くなるよ。
せっかく回復してきたのに脂っこいもの食べたらまた戻るから駄目だな。」

看護婦「残念ねー。」

慰めてくれたが。

私「えっー。
私結婚式の間、何してればいいのー(泣)」

↑祝福しろ。

結婚式に行く当日、
悲しくて美容院で
髪をセットしてくれた美容師に
愚痴り同情してもらい、
新幹線に乗り、地元の式場へ。

結婚式は運ばれてくる料理を
ずっと我慢してカメラマンに
徹したが

途中、我慢しきれず、
メインのソースを一口なめてみた。

舌にしみた。
ほれた。はれた。


食べないくせに
ケーキバイキングにいき、
ケーキの生クリームを一口なめた。

うますぎて泣けた。

それだけであとは我慢した。

さげられる皿を目で追った。


拷問だった。

↑祝福しにいけよ(笑)
もちろん
大好きな友達の素敵な結婚式だった。


まっそんなこんなで
病院にいき、
体重計にのり
マイナス0.5キロ
回復に向かっているとのこと。

先生から結婚式で食べてないよな?
と疑いをかけられたが

ソースと生クリームの件は黙っといた。

先生からこのまま、しばらく
粗食を続けていくように
痛くならなければもう
来なくて良いと
ようやく匙を投げた?
いや解放された。
が、、、


私が診察室を立ち去ろうと
立ち上がった瞬間

先生
「30越えて綺麗な人はみんな」

と投げ掛けてきた。

私は反射的に
次の言葉がわかった。

咄嗟に振り返り、


「努力してるんでしょ!」


先生
「その通ーりだ!」


絶句。。


先生「みんな努力して
体型維持して綺麗でいるの。
若いときみたいに
好きなものを好きなだけ
食べてはいけないの。
腹八分目を守りなさい。」

私「、、、、そうですね。
有り難うございました。。」

病院出て
歩きながら
私は胃腸科の看板を見上げて
確かめた。

多分眉間に皺がよっていただろう。


私は1ヶ月通ったのは胃腸科よね?

エステ?痩身?ライザップに
通ったのではないはずよね?


それにしても
最後のまとめの一撃

30越えて綺麗な人は

余計なお世話だが、心にグッサリ。

汚い30オーバーでしたか?
ごめんなさいね。

お陰様で20代のときの
ジーパンがはけるようになりました。

週末はランニングしようと
心に決めました。

美容院ジプシー

美容院の指名していた美容師さんが

店を出すから退職するらしい。

 

私がその美容室に通いだしたのは昔デジタルパーマをかけたとき、

ちゃんとかからなくてやり直してもらった経緯があって

普段なら最寄り駅周辺から近い美容室に行くのだが

どうせだったら腕のいいところ高くてもいいから探そうと

都内で上手な店を探していて、たどり着いて店長を指名したのがきっかけだ。

その美容師さんは3つ年下でHPの写真よりもてそうなイケメンだった。

話も面白く、評判通り腕は確かでパーマの持ちもよく会社でもマネしたい

美容室聞かれたりと大絶賛だった。

これからはこの美容室に通おうと美容室ジプシーだった自分が定着しようと

2.3回通いだすうちに

イケメン美容師は自分が俺が好きだから通っていると思い込んでいる感があり、若干、色営業気味なのがうっすらかんに障る発言と出来事が数回あった。

 

顔が異様に近い、髪を切ってもらってれば当然仕方がないが、

鼻がぶつかりそうなくらい近すぎること。そしそれはまるで

俺かっこいいから近づいてドキドキさせてやってる感。

 

ここまでの長さくらいかなっていって髪の毛の先を伸ばして長さ見極め調節しながら

胸を強く押すこと。それがいやらしいというよりも私の反応を確かめている感。

 

最初のころ、特別安くしてくれり、特別感をアピールしていたが

だんだん、昔遊んでいた武勇伝や紐だった話とかお金使いましょーよー。とか

 

これあれじゃん。

ホストの手口じゃねーか(笑)

 

悔しい!悲しい!なめられたもんだな私。

 

35過ぎたBBAを色恋かけようとして

わたしはそんなセレブでもねえし、

勘違いもしねえし、

貢ぎ体質も母性本能も少ないし、

お前の腕を気に入って通っているのに

いちいち色営業されなくても勝手に通い続けてるわ!

 

あいつ絶対私のこと欲求不満だと思ってるだろ!!

馬鹿にしやがって!!!

 

と帰り道じわじわむかついてくるわけよ。

まだそんなに落ちぶれてないと信じたいと。

 

それでまた美容室行くとお触りOK。

俺のこと好き認定して高い美容商品とか売りつけられるんじゃねーかと怖くなり

せっかくうまい美容師見つけたのにと・・・通うのをやめ、

他のところに数回行っていたが

 

つい最近腰近くまで伸ばした髪をばっさり切りたくなり、ついでにパーマを

って思ってここまでイメチェンするなら上手なところでと思い、

久しぶりあの美容室であの美容師を指名していったら

自分のお店を出すそうで

腕は良いし、繁盛しそうだなーって思っていたのですが

 

そしたら来てね💛って感じと

帰り見送るときの恥ずかしさを装った俺かわいいアピールが

むかつく訳よ。

 

腕が確かでイケメンなら

色営業なんてしなくてもお客なんて来るよ。

 

それなのになんでさー。

なぜ余計な一工程入れてんだよ!

逆にホスト通っている女みたいな気になって

周りの美容師にもそう思われるような気もするし

逆に通えなくなるだろうが!!

 

そして私はまた美容師ジプシーになりました。。

 

 

 

 

ジャミ

サチモスとかいう若者バンドをユーチューブで

みていたらジャミロクワイにたどり着いた。。

懐かしすぎ、昔好きだった人がカラオケで歌っていたなーーー。

なんて思い出しならリピードして飲みながら一人踊っちまった(笑)

サチモスのボーカルの子みたいな細くて小柄で肩幅のない子だったなー。


http://blog.hatena.ne.jp/apporori/pocorin.hatenablog.com/edit?sidebar=quoteJamiroquai - Virtual Insanity (Official Video)

来日するんだー

チケットソールドアウト行きたいな・・・

ジェイソン・ケイ、47歳まだ独身なんだ・・・

なにこの力の抜けたイケメンおやじ

カッコ良すぎて死ぬ!

 

 

ボーダー

よこしまな気持ちにさせるって隣の部の上司に言われた。。。

邪悪。不純。

私意外とまじめなのにわかってもらえないなーーー。。

やっぱり、巨乳は損だな。

仕事で認めてくれーーー。

似合う服限られるし、ライン強調すれば誘ってると思われたくないし、

野暮ったく太って見えるし、非常に洋服選び難しい。

この気持ち普通体系の巨乳さんなら多分わかっていただけるでしょう。

 

私はこの巨乳であるがため、女っぽくふるまうと必要以上に変な男寄ってくるし

勘違いされるから若いころから必要以上にさばさばとふるまうことが身についた。

ツンデレのデレがない!!と同僚にデレが欲しいと説教を受けた過去を思い出す。

 

しかしだね、自動車教習所に35歳になって通いはじめ

JK.JDに囲まれて指導員さんたちに楽しい時期に

生徒がこんなおばさんで申し訳ないなーって思いながらも

通常モードで淡々としていると少しのミスで厳しい口調だったり

何よりハンコもらえない・・・気がした。

若い子はへたくそでもハンコもらえてる・・・気がした。

 

そこで自分を殺して軌道修正してみる。

 

胸のライン強調する服で困った顔して

わかんないでーすと低くなった声を無理してワントーンあげて言ってみることにした。

そしたら男性の指導員がやさしいこと、

ちらちらみてくること。

はんこ必ずもらえる・・・

BBAとは言え、男の子は本能にはあがらえないのか、

大学生の男の子たちの視線も痛い。

 

世の中、ちょろかった・・・・(カルテット風)。

 

まだ多少は通用するらしい。

しかしその帰りは普段しなれないモードを演じて、

どっと疲れた。自分にいい年して何やってんだ感と

今まで感じたことない肩こりに見舞われた・・・。

 

身も心も辛いです。